PCリペアゲルエンリッチが届きましたが・・・・

こんなのが届くと思っていました。株式会社ネットプライス[PCリペアゲルエンリッチ]
画像
           実際はこれがとどきました。 3回分ですね。⇒ 

 説明書によると、売りはこの製品だけで化粧水、乳液、美容液、クリームの代わりをしてくれるそうです。
 成分は植物エキスを中心に45種類の以上の成分を配合することで、高い保湿力、毛穴・年齢肌・乾燥をカバーしてくれ、しっとりとした”もち肌”を実現してくれるそうです。
 早速成分の記載を見てみましょう。この記載は構成比率が多い順に記載することが義務付けられています。
 さて、有効成分はグリチルリチン酸ジカリウムと書いてあります。ウィキペディアに聞いてみたら抗アレルギー薬で漢方薬の一つである甘草に含まれており、アルコールで抽出して製造しているとのことです。
 シャンプーなんかにもフケ止めや痒み止めとして添加されているようです。
 その他にも沢山記載があります。
 ブチレングリコール、濃グリセリン、スクワラン、エタノール、ハチミツ、ユビデカレノン(抗酸化ビタミン「コエンザイムQ10」呼び、健康食品として製品化されています。活性酸素を抑えることにより、健康維持、老化防止、更には美肌効果も期待できると宣伝されてますけど、科学的根拠は十分ではなく、実際に効果があかよく分かっていないんだそうです。意外な事実ですね)、Lアスコルビルマグネシューム(皮膚からの吸収性が高く、体内でにビタミンCに転換されるそうです。)以下勘定すると55種類の成分が記載されていました。大半はエキスと記載されています。従って何らかの溶媒に溶解した状態になっている訳ですから有効成分の量は多くはないでしょう。
 太字になっているのは主要成分のうち天然由来のものです。
 イヤ、我ながらよく勘定したもんだと思います。・・・・ 老眼の私にとってはかなりの重労働でした。
 一回分が3gです。ブチレングリコールやグリセリン、エタノールなどは経皮吸収させるため有効成分の溶媒となっているので、分子量にも依りますが、吸収を期待できる有効成分の量はあまり多くはないと思われます。
 考えてみれば当然です。
 本製品の有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムは過剰に(数グラム単位で)摂取すると副作用の可能性もある抗炎症剤ですから安全第一に設計してあるのは当然です。

 風呂上がりに試してみましたが、確かに効果が感じられます。しかし、他の乳液などで得られる効果との差はあまり感じません。
 当然といえば当然で、即効的に感じられるのは薬効ではなく、溶剤として使用されているグリセリン類やコラーゲンが吸収されたことによる物理的効果と推定されるからです。
 結論として、本商品は長期間に渡り使いつづkてみないと効果が発揮されないものと思われます。
 でも、つけると肌が気持ち良い状態になりますから続け易いと思います。
 効果が現れてくるのを期待して気長に続けてみましょう。・・・・値段の話は別にして。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック